食物繊維 種類 効果

食物繊維を積極的に摂取!

からだの中からキレイになって美肌

 

  1. ナウシカの腐海の森!?
  2. 2種類の食物繊維
  3. 2パターンの美肌効果
  4. 同時に美顔効果も
  5. まとめ

美肌

 

ナウシカの腐海の森!?

 

便秘が続いているせいで肌が荒れ気味…そんな女性は多いのではないでしょうか。

 

かくいうわたしも昔から便秘体質で、吹き出物が出てしまったり肌が荒れてしまったりと肌トラブルに見舞われていました。

 

きっとわたしの腸内環境は、ナウシカの腐海の森のような混沌とした状態であるに違いありません(笑)

 

恐ろしいのは、腸内の汚れから発生した有害な物質が血液に溶け出して、全身に運ばれてしまうことです!

 

これが、便秘になると様々な肌トラブルが起こってしまう要因なのです。

 

そんな汚れた毒素だらけの腸内をキレイにお掃除してくれるのが、おなじみの食物繊維です。

 

この食物繊維で腸内環境を整えることで、肌トラブルもなくなり美肌を維持することができるのです。

 

そこで今回は、食物繊維の種類と美肌に対しての効果、また食物繊維を含む食べ物を食べることでの美顔効果についてもご紹介します。

 

 

 

2種類の食物繊維

 

食物繊維は2種類ある!

 

 

実は食物繊維とひとくちに言っても、2種類に分けられることをご存知でしょうか?

 

食物繊維は水溶性と不溶性の2種類に分けられており、それぞれ含んでいる食べ物も違いますし効果も異なります。

 

美肌

 

順番に見ていきましょう。

 

@水溶性食物繊維

 

水溶性食物繊維には粘り気があり、水分を多く蓄えていることが特徴で主に4つの種類が存在します。

 

・ペクチン

 

完熟した果物を煮詰めてジャムにすると、プルプルと固まってきますよね。

 

これは熟した果物に含まれるペクチンによるものです。

 

・グルコマンナン

 

こんにゃくに多く含まれる食物繊維で、特に消化しづらいので腸内をお掃除してくれるはたらきをします。

 

また水分をしっかり吸収して膨らむので、満腹感を得やすいためダイエットに最適です。

 

・アルギン酸

 

海藻の独特のぬめり成分のひとつで、便秘改善に効果があります。

 

また血液をサラサラにする効果もあるので、顔のくすみや顔色の悪さを改善するはたらきが期待できます。

 

・フコイダン

 

こちらも海藻のぬめり成分のひとつで、高い保湿力と抗炎症作用があります。

 

特にもずくやめかぶに多く含まれています。

 

A不溶性食物繊維

 

腸内の水分を多くしてカサを増やし、便秘を解消しやすくする効果があります。

 

また腸内の毒素を排出するはたらきもあり、5種類存在します。

 

・セルロース

 

穀物の殻やごぼうの皮などに多く含まれる食物繊維です。

 

食べ物から摂取できる食物繊維の7割は、このセルロースになります。

 

・ヘミセルロース

 

玄米や大豆などに多く含まれていて、セルロースのようなはたらきをします。

 

含まれる食材はセルロースを含むものが多いです。

 

・ペクチン

 

不溶性食物繊維のペクチンは、まだ熟していない果物に多く含まれています。

 

熟すごとに水溶性食物繊維に変わっていきます。

 

・リグニン

 

腸内の善玉菌を増やして、腸内環境を整えてくれます。

 

ココアやイチゴに多く含まれています。

 

・キチン、キトサン

 

エビやカニの殻にもキチンやキトサンのような不溶性食物繊維が含まれています。

 

カニはさすがに殻まで食べられませんが、エビはできれば殻ごと食べるようにするといいですね。

 

 

 

2パターンの美肌効果

 

食物繊維の美肌効果

 

 

まずそれぞれの食物繊維の腸内での役割が異なりますので、説明していきます。

 

水溶性の場合は、腸内でドロドロに溶けて腸内に溜まった毒素などを排出していきます。

 

また水溶性食物繊維は善玉菌のエサになってくれるため、良い腸内細菌を増やして腸内環境を整えてくれます。

 

美肌

 

逆に不溶性の場合は腸壁から水分を取り込んで膨らみ、腸を刺激することでぜん動運動を活発化するはたらきがあります。

 

それぞれ便秘の状態によって食物繊維の摂取を工夫していくことで、早く体内から老廃物や毒素が排出されることになるのです。

 

そのためからだの内側からキレイになっていき、血液もキレイになって肌トラブルが起こりにくくなり、美肌を維持できるのです。

 

わたしの場合は水分不足で便が硬くなってしまってなかなか出ない便秘のタイプだったので、水溶性食物繊維を中心に摂取していました。

 

ここで不溶性食物繊維を多く摂取してしまうと、中で腸が膨れてしまってお腹が余計苦しくなってしまうことがあるのです。

 

イメージとしては、ホースで水を出したいのに出口が塞がれていてなかなか外に水が出ないパンクしそうな状態、といった感じでしょうか。

 

目安としては、水溶性と不溶性を1:2の割合で摂取するのが一番実験では効果的だったそうです。

 

自分の便秘のタイプを把握して、うまくデトックスしてキレイな肌をつくっていきたいですね!

 

わたしは食物繊維を意識して摂取するようにしてからひどい便秘体質が改善して、長く悩んでいた肌荒れが治りました。

 

顔以外にも背中に吹き出物ができたりしていて痛かったので、早めにデトックスできて良かったと思います。

 

 

 

同時に美顔効果も

 

「食べる」ことでの

美顔効果も!

 

 

食物繊維といえば有名なところで言えばこんにゃくやごぼうなど、良く噛んで食べないとなかなか飲み込めない食べ物が多いですよね。

 

そこで良く噛んで顔の筋肉を動かして、血行を良くしながら食べることで美顔を目指していきましょう!

 

美肌

 

顔の筋肉って、普段はなかなか頻繁に動かす部分ではないので、どうしても血流が滞りがちになります。

 

そのせいで顔色がくすんで見えたりして、実年齢より上に見られてしまった…なんてことも多いんですよ!

 

普段から食物繊維を含む弾力のあるものや硬いものを食べて、顔の筋肉を鍛えて血行を良くして見た目年齢マイナス5歳を目指していきたいですね!

 

更に便秘が解消されて、からだも軽くなりますし老廃物や毒素も少なくなります。

 

血液もキレイになってサラサラになるので、健康的な美肌を目指している人にとって食物繊維で便秘解消することは欠かせませんよ!

 

美肌

 

まとめ

 

まとめ

 

 

便秘に悩んでいる女性は、なんと3人に1人!

 

便秘になると腸内に悪玉菌が増えてしまい、老廃物や毒素が排出されにくくなってしまいます。

 

そして血液によってら毒素が全身に回って肌荒れを起こしてしまうんですね。

 

それを防ぐためには、やはりまず食物繊維で便秘の改善をしていくのが一番なのです。

 

水溶性と不溶性を1:2の割合でしっかりバランスよく摂取していき便秘が早く改善するように、そして体内の毒素が排出されるように食べ物も工夫していきましょう。

 

わたしもなるべく海藻類を多く食べて、バナナなどは少なめに食べるようにしたら、頑固だった便もすんなり出てくれましたよ!

 

腸内がキレイな人は肌もキレイ、このふたつは比例しています。

 

まずはからだの内側からキレイ、はじめてみませんか?