こんにゃく 効果 美肌

こんにゃくでうるうる美肌!

 

おでんのこんにゃくって最高ですよね!実はあのプルプルしたこんにゃくには、美肌効果があるんです!

 

体験談

 

私は脂性肌で、化粧が崩れをよくするのが悩みでした。

 

化粧くずれが嫌なので、あまり保湿などはしないようにしていましたが、すごく乾燥が気になりました。

 

そんな私ですが、いい化粧品がないかと思いドラッグストアに行き、ビューティーコーナーのスタッフさんに、乾燥すると余計に脂性肌になるということを教えていただきびっくり。

 

その日からしっかりスキンケアでは保湿するように心がけました。

 

また、内側からもしっかり乾燥肌対策をしようと乾燥肌にいい食材を調べてみると、こんにゃくがいいということを知りました。

 

こんにゃくは大好きなのでさっそく毎日こんにゃくを食べることに。生芋こんにゃくがいいとのことで、生芋こんにゃくをたくさん買いだめ!

 

賞味期限も意外に長く保存が効くので取り入れやすく、大好きなので飽きることもなく、続けることができました。

 

お肌もプルプルになり乾燥が気になることもなくなり大満足!

 

化粧崩れも気にならなくなり、こんにゃくを取り入れて本当によかったです!

 

皮膚科医の話

 

日本皮膚科学会認定皮膚科専門医で四谷三丁目皮膚科 院長 山田美奈先生。

 

山田先生によると、こんにゃくには、こんにゃくセラミドという植物性グルコシルセラミドが含まれていて、人間の肌にも存在するセラミドなので、肌のうるおいを保つのに欠かせない成分だといわれています。

 

こんにゃくは、肌の保湿力が高まり乾燥肌対策になるだけでなく、アトピー性皮膚炎や角化症などの皮膚炎の症状を緩和したり、シワやシミなど肌の老化を防いだりする効果が期待できるそうです。

 

こんにゃくの美肌効果について

 

こんにゃくセラミドとは

 

こんにゃくセラミドとは、こんにゃくの原料である、こんにゃく芋に含まれる植物性グルコシルセラミドのことです。

 

植物性グルコシルセラミドは、こんにゃく芋だけでなく、小麦や米、トウモロコシ、大豆などにも含まれていますが、こんにゃく芋には、米や小麦の7〜16倍も多く含まれているそうです。

 

たた、グルコシルセラミドは人間の肌にも存在し、うるおいを保つために欠かせない成分です。

 

グルコシルセラミドが不足するとセラミド不足になり、乾燥肌がひどくなり、バリア機能が弱くなってしまい敏感肌になります。

 

また、アトピー性皮膚炎、角化症や魚鱗鮮(ぎょりんせん)などの皮膚病をなる可能性もあります。

 

こんにゃくの美肌効果とは

 

こんにゃくに含まれる、植物性グルコシルセラミドというセラミドの一種は、

 

@肌の保湿力が高めて乾燥肌を改善

 

Aアトピー性皮膚炎や角化症などの皮膚炎の予防や症状を緩和

 

Bシワやシミなど肌老化を予防

 

などの効果があります。

 

生芋こんにゃくがおすすめ!

 

こんにゃくには、こんにゃく芋を乾燥して粉にしたものを使う精粉タイプと、こんにゃく芋をすりおろしてそのまま使う『生芋こんにゃく』があります。

 

美肌成分である、植物性グルコシルセラミドが多く含まれているのは『生芋こんにゃく』で、約半丁の100g中に、600ug(1日に必要な量)が含まれているといわれています。

 

 

摂取方法

 

美肌にいいからといって、『生芋こんにゃく』ばかり摂取するのは、栄養が偏ってしまい逆に健康や美容によくないので、一日100g位を目安にしましょう。

 

こんにゃくを使った料理はたくさんありますが、オススメは体を温める効果のある根菜をたっぷり使った筑前煮です。

 

食物繊維などもしっかりバランスよく摂取できるので、美肌にも健康にもいいです。

 

また、毎日生芋こんにゃくを食べるのは難しいという方は、植物性グルコシルセラミドを高濃度で配合したサプリメントもいいでしょう。

 

市販のセラミドサプリメントは、こんにゃく芋を原料としているものもたくさんあるのでチェックしてみましょう。