肌 栄養 納豆

美肌 栄養

健康にいい食品として有名な「納豆」。

 

どこのスーパーにも売っていて安価で、手軽に食べることができる納豆は、美肌効果もバツグンです!

 

美肌は、どんなに高級なスキンケアを使っても食生活がよくなければ手に入れられません!

 

美肌を手に入れたいなら、体の中からキレイになりましょう。

 

納豆は特にアンチエイジング効果に優れていて、若々しく健康な肌を保つのに必要な栄養素がバランス良く含まれている、美肌になる食べ物です。

 

 

《体験談》

 

腸内環境を良くし美肌効果

 

美肌と健康のために納豆を食べ始めました。

 

1日に1パックは必ず食べると決めています!

 

私は食事をすると、すぐにお手洗いに直行するタイプで、便秘に悩まされるということはないものの、すぐに出てしまうため、栄養分があまり摂取できていない状態で、乾燥や小じわなどの肌トラブルは絶えず…。

 

スキンケアではどうにもできない状態でした。

 

「どうすればいいんだろう…」

 

と悩んでいましたが、納豆を食べ始めて最初に実感できた効果は、腸の調子が良くなりすぐに出てしまうということがなくなったことです!

 

毎朝すっきりに!!

 

腸の調子が良くなったのを実感できたと同時にお肌はみずみずしくふっくらしていて若々しいハリ肌に!

 

「肌キレイになった?スキンケア何使ってるの?」
と聞かれるようになりました!

 

《有名人の話》

 

納豆は、特にアンチエイジング効果に優れていて「10歳若く見られる肌になれる!」と言われています。

 

自治医科大学さいたま医療センターでは、納豆に多く含まれる「ポリアミン」という成分について研究されています。

 

自治医科大学大学院准教授の医学博士、早田邦康氏によると、納豆に多く含まれているポリアミンという成分にはアンチエイジング効果があり、納豆を毎日食べ続けると、血中(体内)ポリアミン濃度が上昇し、炎症が生じにくい体内環境になると言われています。

 

よって、肌荒れしにくい体質になります。

 

ポリアミンは、コラーゲンやヒアルロン酸の10倍の保水力があります。

 

美肌 栄養

 

コラーゲンやヒアルロン酸を摂取するよりも納豆を食べるほうがアンチエイジング効果が期待できます!

 

まさに「食べる美容液」と言えるでしょう。

 

臓器の老化防止にもなり、寿命が長くなるとも言われています。

 

納豆は、一番大きな臓器と言われている「皮膚」には絶大な効果があり、美肌になれる食べ物としておすすめです!

 

 

《解説》

 

納豆にはたくさんの栄養素が含まれていて、納豆にしか含まれない栄養素もあります。

 

納豆の栄養素は、健康や美肌にとってもよく、高級なスキンケアよりも効果があると言えるでしょう。

 

そんな素敵な食べ物、納豆がどのように美肌にいいのかご紹介したいと思います。

 

美肌 栄養

 

■ナットウキナーゼは納豆にだけ!

 

ナットウキナーゼは、納豆にしか含まれていない栄養素で、血液をサラサラにし、血栓を予防する働きがあります。

 

1)皮膚に栄養をしっかり届けて健康的な肌に

 

2)顔の血色をよくする

 

という美容効果があります。

 

ほかにも…

 

高血圧の予防や改善、脳梗塞や心筋梗塞を予防する効果が期待できます。

 

■ネバネバ成分ポリグルタミン酸は保湿に!

 

ポリグルタミン酸は、納豆のネバネバの主成分。

 

ポリグルタミン酸とは、アミノ酸のひとつであるグルタミン酸が、鎖のように結合してできた天然のアミノ酸ポリマーのことです。

 

1)皮膚表面にバリアを作って肌を守る

 

2)肌の内側の細胞を活性化して肌本来の潤いを保つ機能を高める

 

この中にナットウキナーゼは含まれています。

 

■若返り成分のポリアミン!

 

ポリアミンは、生きるために必要不可欠な成分です。

 

ポリアミンは、細胞の生まれ変わりを促進し新陳代謝を活性化してくれます。

 

くすみ、シミ、シワなどの肌の老化を防止してくれます。
また、発毛促進作用、動脈硬化抑制効果もあります。

 

ポリアミンは20歳頃をピークに年齢を重ねるにつれ減ってしまうものですので、毎日摂取するのが理想的です。

 

納豆を食べてしっかり補いましょう。

 

■内臓からの肌荒れ防止にムチン!

 

ムチンも納豆のネバネバ成分で糖とたんぱく質が結合してできています。

 

ムチンは、人間の体内にも存在していて唾液や胃液といった分泌物、胃腸の粘液、涙にも含まれている成分で、優れた保水力があります。

 

●胃炎や胃潰瘍を予防

 

●肝機能・腎機能の向上

 

●免疫力を高める

 

●疲労回復効果

 

などがあり、内臓の荒れや疲労が原因の肌荒れを防いでくれます。

 

またドライアイにも効果が期待できます。

 

■女性らしさに大豆イソフラボン!

 

納豆は、ご存知の通り大豆で出来ています!

 

大豆といえば、大豆イソフラボン!

 

大豆イソフラボンとは、大豆の胚芽に含まれている成分であるポリフェノールの一種です。

 

女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをし、ホルモンバランスの崩れからくる肌荒れを防止してくれて、美肌効果があります。

 

他にも…

 

●バストアップ効果

 

●更年期障害の改善

 

●骨粗しょう症の予防

 

●循環器疾患の予防

 

などに効果が期待できます。

 

■若返りの大豆レシチン!

 

レシチンは、細胞膜を作る重要な成分で若返りの栄養素とも呼ばれています。

 

血管内をキレイにし血行を良くする働きがあり、冷え性や肩こりからくるニキビなどを改善・予防する働きがあります。

 

また、動脈硬化、高脂血症、心臓病、脳卒中などの改善や予防にも効果的です。

 

■老化予防に大豆サポニン!

 

大豆サポニンは、ポリフェノールの一つで強い抗酸化作用があります!

 

肌だけでなく体全体の酸化を防ぎ老化を予防。

 

シワやシミのない若々しい美肌のために大切な栄養素です。

 

●血中コレステロール値を下げる

 

●中性脂肪を減らす

 

●生活習慣病の予防

 

などの効果が期待できます。

 

納豆は、体の不調などを改善したりして体の中からキレイになれる食べ物だということがわかりました!

 

《実践方法》

 

美容や健康のための栄養がたっぷり含まれた納豆ですが、どうせ食べるなら栄養分は効率よく摂取したいものです。

 

納豆の栄養を無駄なく、最大限に生かすための食べ方をご紹介します!

 

理想は1日1パック食べることです!

 

美肌 栄養

 

■「朝」よりも「夜」

 

納豆を1日1パックと決めたなら、朝よりも夜に食べるのがおすすめです。

 

就寝中は筋肉が動かすことが少ないため、血液が固まりやすい状況にあります。

 

夕食に納豆を食べておくと、ナットウキナーゼが血液をサラサラにしてくれるので、血栓予防にもなり、肌のゴールデンタイムに、肌にしっかり栄養がいき届きます。

 

■熱は加えないこと

 

ナットウキナーゼは熱に弱いため、納豆は火を通さずそのまま食べるようにしましょう!

 

 

■タレはかき混ぜた後に!

 

よく混ぜると納豆菌に酸素が供給され、ポリアミンが増えやすいと言われています。

 

タレに含まれている塩分は、ポリアミンが増えるのを邪魔してしまうので、タレはよくかき混ぜた後にかけましょう。

 

タレはかき混ぜた後に入れる方が旨味が増します。

 

■「ひきわり」より「粒」

 

美肌効果に重要なポリアミンは、ひきわりの場合製造途中で流出してしまっているそうです。

 

どうしてもひきわりがいい場合は、包丁でたたいて作った方がいいようです。

 

■賞味期限ギリギリが効果的!

 

納豆は発酵すればするほど、ポリアミンやビタミンKなどの栄養素がどんどん増えていきます。

 

納豆はパックの中でも発酵は進んでいます。

 

賞味期限ギリギリの納豆が効果的です!

 

《美肌になる納豆の組み合わせ》

 

美肌 栄養

 

■納豆+アボカド

 

納豆で美肌を目指すなら、アボカドやマグロを組み合わせるのがおすすめです。

 

アボカドは、肌の新陳代謝を促進させ、ビタミンEやシミを防ぐポリフェノールが豊富に含まれています。

 

若返り成分が豊富な納豆と非常に相性がいいです。

 

■納豆+マグロ

 

マグロは、美肌を作るのに欠かせない良質のアミノ酸、吹き出物などを防いでくれるビタミンB6が豊富に含まれています。

 

わかあがあアボカドやマグロを若返り成分といわれるポリアミンが豊富な納豆との食べ合わせで、美肌作りに効果的です。

 

様々の食材と相性のいい納豆!

 

納豆を食べてスキンケアしましょう!